広義のアルッ八イマー病とは

アルツハイマー型認知症は、アルツハイマー病とアルツハイマー型老年認知症の両者をまとめた総称である。アルツハイマー病は初老期(四五~六四歳)に発病する進行性の変性疾患で、高度の認知症をきたして人格が崩壊し、やがて死に至る。アルツハイマー型老年認知症(あるいは単に老年認知症)は、アルツハイマー病と同一の病気が六五歳以上になって、すなわち高齢になってから初めて発症してきたものだと考えられている。

両者をまとめる根拠は、病理学的な所見がアルツハイマー病とアルツハイマー型老年認知症とでは差がないことで、両者が同一の疾患で、ただ単に発病の年齢が異なっているだけだという考え方である。しかし、必ずしもこの両者がまったく同じ病気であるという確固たる根拠があるわけではなく、最近ではむしろ両者は異なった病気で、単に病理学的な所見が類似しているだけだと考える研究者が増えつつある。けれども現状では、欧米ではアルツハイマー病とアルッハイマー型老年認知症を一括して単に「アルツハイマー病」あるいはアルツハイマー型認知症として取り扱うことが多い。

アルツハイマー病は男性よりも女性に多い原因不明の大脳の変性疾患である。神経細胞の高度の変性・脱落が起こり、大脳皮質が萎縮して、脳室が拡大してくる。神経病理学的には、アルツハイマー神経原線維変化、老人斑などが多く生じてくる。
しかし、アルツハイマー病の患者の脳においては、これらの変化がたいへん著しい。

もう一つ大切な特徴は、脳の萎縮の程度や、病理学的な変化の程度と、知的機能障害や周辺症状の程度が、必ずしも平行しないことである。症状は身体的な要因や環境要因、あるいは心理的な要因によって大きく影響を受ける。また、環境の急激な変化や精神的なショックによって発病したと思われるような症例も決してまれではない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です